カメラ初心者でも簡単にコツを掴んで上手にカメラが撮れる方法

写真をプロ並みに上手に撮りたい!どうやって撮ればいいの?

カメラも購入し、早速写真撮影だ!と気合いを入れて行くものの
自分で納得した写真が撮れなくてがっくりした…

 

カメラを購入したけど、オート機能使ってばかりいて
他の機能は全く使っていない…

 

もったいないです!

 

 

そんなことにならないように初心者でも写真を上手に撮るコツがいくつか
あるんです!まずは参考にしてみて下さいね♪

 

  1. 光を浴びせる
  2. シャッターを切る前に構図を考える
  3. 失敗したときは加工する

 

【1.光を浴びせる】

 

撮影スタジオに行ったことがありますか?白い丸い傘のような明るい照明が
たくさんあるんです。プロは被写体を光をたくさん浴びせて撮影します。
「眩しい」と思わせるほど明るい中で撮影を行うのがスタジオでのやり方です。

 

 

【2.シャッターを切る前に構図を考える】

 

シャッターを切る前に構図をまず考えましょう。
構図の基本、「三分割法」というものがあります。
被写体を真ん中に撮るより、背景も交えて被写体を真ん中に映さない方法です。

 

【3.失敗したときは加工する】

 

上手く写真が撮れれば文句なしなのですが、いつも上手く撮れるとは
限りませんね。失敗した!と思っても加工して修正すれば立派な写真に変わりますよ。

 

もっと簡単に上手に写真を撮れるコツはないの?

自動オートフォーカスしか使ってない
もっと簡単に撮るコツを早く知りたい
カメラ技術のことをもっと知りたい
カメラ買ったはいいけど納得いく写真が撮れない
感動する一枚を残したい

 

せっかく購入したカメラで自分で納得できる写真が撮れなければ
どんなにいいカメラでも高性能だとしても、悲しい出来事になってしまいます…

 

自分が納得できるほどの写真を撮るには、「技術」が必要なんです。
どんなにいいカメラを持っていても、使い方を知らなければシャッターを押すことすらできません。

 

その一瞬、その時にしか撮れない大切なシーンを見逃してしまうことになります。
時間は残念なことに戻ってくれることはありませんよね…

 

ですから、早くカメラの技術を向上させて、その大切な一瞬を撮れるように経験が必要です!

 

カメラ技術には経験よりももっと大切なことがあった!?

カメラ技術に必要なのは経験だと言いました。
しかし、経験を積むにはかなりの苦労と時間がかかるのも事実です。

 

使い方すらよくわからない初心者だと、

上手く撮れないし、もうやめようかな…

なんてことになりかねません。非常にもったいないことですよね。
せっかく購入したカメラが押入れに永久保存…なんてこともあるかもしれません。

 

はっきり言います。

 

経験<コツ

 

コツさえ習得してしまえば、経験者よりもいい写真が撮れることだってあるのです。
経験は誰でも積めます。コツは誰でも知っているわけではありません
情報弱者とはこのことにも当てはまるのかもしれません…

 

 

【実際にカメラ初心者の主婦の方がコツを習得してすぐに撮った写真がコレ】

機械音痴な私ですが、主人が一眼レフを購入したことをきっかけにカメラを持つようになりました。
散歩中にキレイに咲いているアジサイが撮りたくて撮ったら納得のいく一枚が撮れたんです。
みんなに見せると、「プロみたい!」と褒められますが、実はまだまだ初心者なんです(笑)
経験はないけど、コツをちょっと知るようになってから上手に撮れ始めましたね。
  (埼玉県・60代女性)

 

【一瞬こそが大切!子供の運動会を感動の一枚に残したい】

大切な行事にきちんと思い出に残してあげたい!
こんなときにピントが合っていなかったり、
急なシャッターチャンスを逃してしまったら、がっかりですよね…
もうパパしっかりしてよ〜なんて言われないようにしましょうね!

動いている被写体は撮るのにコツがいるんです。その一瞬は待ってくれないですからね…
最初は撮るこっちもヒヤヒヤ。しかしコツさえつかめばいいシーンがたくさん撮れるんです。
「さすがパパ!」なんて言われると嬉しいですよね。
今では自信を持って写真が撮れるので楽しいです。
  (神奈川県・30代男性)

 

 

カメラ技術向上の本よりもプロカメラマンから教わろう!

カメラ技術の向上本がありすぎてどれを選んでいいのかわからない。
カメラ取扱い説明書も見たくないのに、本まで見たくない。
単語とかも勉強しなおさなきゃいけないし、めんどくさい。

 

カメラ技術向上の本といっても、単語ででてきたり、いちいち単語調べ直して
調べて確認して、カメラの取り扱い説明書も見て、確認して…
あれっ…これってなんだっけ?と再確認する。
この繰り返しになる可能性は大いにあります…

 

苦労は目に見えている…その前に!

 

 

 

本よりも動画やDVDの方がはるかに身に付くんです。

まずは1分30秒で見れるプロカメラマンによる動画をご覧ください。

はじめのうちはカメラ用語や使い方もよくわからないと思います。
しかしコツさえ掴んでしまえば、カメラ機材をたくさん手に抱えた下手なカメラマンより
手持ちのデジカメでもプロ並みに上手に撮ることだって可能なんです。

 

この講座は初心者でもDVDでわかりやすいと評判があり、

中級者でも目からウロコの情報がたくさんあります。

 

本を見て挫折したけど、このDVDだったら挫折しない!

もっと早く見ておくべきだったとの口コミが多いです。