コスプレイベント時カメラマンの撮影マナーとルール

コスプレを撮影する際はカメラマンとしてマナーを守りましょう!

コスプレ撮影初心者、ベテランでもマナーは守るべきルールがあります。
コスプレイヤーに不快な気持ちをさせないようにきちんとしたマナーを身につけましょう!

 

 

撮影OKですか?とまず挨拶しましょう

挨拶もなくいきなり撮影始めるカメラマンって失礼だと思いませんか?
まず最低限のコミュニケーションが大切です。コスプレイヤーにも撮影NGの方だっています。
挨拶して、撮影許可をもらえたら撮影をしましょう。無音カメラで勝手に撮るのは違反ですよ!

 

撮るポーズを無理に要求しない

エッチなポーズを求めるカメラマンや、勝手に下から撮るカメラマンがいますが、
カメラマンのマナーとして最低です。無理に要求することは絶対にNGです。

 

撮影時は手早く終わらせる

コスプレイヤーはあなただけのモデルではありません。長く時間をかけて撮影をしてしまうと
モデルも大変です。撮影時は手早く気持ちよく済ませましょう。

 

コミュニケーションをとりましょう

いくらいい写真を撮りたいと思っても、声かけなどのコミュニケーションがなく無口なカメラマンに
いい笑顔やポーズはできません。カメラマンも笑顔でモデルを誘導し声かけすることで
スムーズにいい写真が撮れます。

 

撮影時はきちんと周りを見ましょう

撮影する際に十分にスペースがない状態で撮影しようとするカメラマンがいます。
混みあってぶつかる場合や撮影時に人や物が映らないか確認をきちんとしましょう。

 

撮影した写真を渡すと喜ばれる

基本のマナーではありませんが、撮った写真をコスプレイヤーに渡すととても喜ばれます。
名刺を交換することができれば後日郵送できるでしょう。
カメラマンとしての好感度はアップし、またこの人に撮ってもらいたいと
思われ、撮影時間や撮影ポーズの幅が広がったりする可能性があります。

 

 

コスプレ撮影マナーを守って気持ちよく撮影しましょう

コスプレイベントにはたくさんの人が集まります。
初心者からベテランさん、様々な方がいます。

 

コスプレ初心者さんも中にはいるでしょう。
コスプレイヤーデビュー!それが撮影時に不快な気持ちに
させてしまってコスプレ人口を減らす要因になりかねませんよね。

 

上記のマナーは参考になりましたでしょうか。
お互いにマナーを守って撮影ができるカメラマンになりましょう

 

⇒コスプレ写真をプロ並みに上手に撮るコツの記事へ進む